椅子の張替え

古くなった椅子の張替えをしました。

以前も大きなソファーを無地の織生地で張替えられたのですが、もう1脚アームチェアーが出てきたそうで・・・今度は思い切ってハッキリした柄を選ばれました。イギリス製の生地です。大柄で派手な感じですが、落ち着いた色合いと上質な素材と織りで和風モダンのお宅にぴったりでした。
生地が残ったので、持っていらしたミッソーニのスツールもお揃いにしました。お客さまにとても喜んで頂いて、私も満足!!ありがとうございました。

では、椅子の張替えの手順もご説明しますね!

090530_1

  1. 張替えられたい椅子を見せて頂きます。(携帯等で写された画像でもOKです)
  2. 張り生地をお客様と一緒にお選びします。(国産と海外取寄せ生地があります。)
  3. 生地が決まったら、椅子の寸法を測って要尺(生地の使用m数)と張替えの工賃をお見積りします。
  4. 生地が入荷したら、椅子をお預かりして張替えをします。

大きなソファーなどは、引き取りと納品にお伺いします。

090530_2

090530_3

生地を張替えるだけではなく、中材(ウレタン等)の補修、交換もしますのですわり心地もUPして、新品同様に生まれ変わります。

090530_4

ミッソーニのスツールも生まれ変わりました!

2009-05-30 | Posted in 仕事例, 椅子の張替え, ブログNo Comments » 

関連記事

Comment





Comment



CAPTCHA